松本はカレーの美味しいお店が沢山あるよ。

松本の冬の風物詩といっても過言ではない「松本カレーラリー」が始まりました。
いわゆるスタンプラリー形式で3店舗以上食べ歩くと、4店舗目からはオマケのサービスがあったり参加賞(去年は下の写真の黄色い缶バッチでした)が貰えたりします。 

f:id:mosura8mosura:20190216105116j:plain

 

と、ここまでは何処にでもありそうなスタンプラリーなんですが、松本カレーラリーの凄いところは、いわゆるカレー専門店だけでなく和洋食、バー、ラーメン屋、パン屋さん、郷土料理店、ホテルのレストラン等々いろいろなカテゴリーの飲食店が垣根を越えて参加してオンリーワンのカレーの味を競い合っているところです。 

 f:id:mosura8mosura:20190216112331j:plain

 その中から、私のお勧めを紹介すると

 

松本城のそばにあるスパイスカレーのお店「がねいしゃ」

 f:id:mosura8mosura:20190217194138j:plain

f:id:mosura8mosura:20190217194246j:plain

f:id:mosura8mosura:20190217194302j:plain

tabelog.com

 

 ラーメン屋と侮るなかれ、本格的なレッドカレー(ラーメン)の「燕黒」

f:id:mosura8mosura:20190217194735j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20190217194751j:plain

 
tabelog.com

 

「うちのカレーはみんな大好き、ジャンジャンバリバリ 美味しいよ~」等の得体のしれない日本語を操るインド人がカレーを作る「インデイアンキッチン」 
(テイクアウトして自宅で撮った写真なので色が悪いです。すいません)

f:id:mosura8mosura:20190216105052j:plain

tabelog.com

 

そのほかにも、食通として知られた池波正太郎氏が愛したカレーパンの味を引き継ぐcafe アンゼリカとか、あ~ いっぱいあって紹介しきれない。 

もしカレーラリーの期間中に松本へお越しになることがありましたら、是非カレーをお試しください。(私は関係者でもなんでもないんですが)

では~

 

なお、カレーラリーの詳細はこちらです。パンフのダウンロードもできます。

matsumotocurryrally.blogspot.com

 

 また「信州松本カレーの美味しさを全国へ発信しよう」という意気込みのもと、5月に人気店のカレーをレトルトで販売することを目標としてクラファン「MAKUAKE」にて資金を募っています。こちらのリンク先でも個性豊かな松本カレーの情報が紹介されておりますので、興味のある方はご一読ください。

www.makuake.com

 

うちのマフィンはテレビ好き。

お久し振りぶりぶりブリトニー

たくさん記事にしたいことはあるのに、家に帰って晩御飯食べると風呂にも入らず寝落ちしてしまうピンボケです。皆さんいかがお過ごしですか。先週の「史上最強の寒波」とやらで体調を崩してはいないでしょうか。

オイラは1月中旬から40人前後の新人職員の教育を担当していて、てんてこ舞いAND自分の未熟さを再確認している最中でしゅ。

さてそんなオイラの久し振りの記事はコイツの近況です。

 

コイツ↓

f:id:mosura8mosura:20190216173418j:plain

最近テレビを「かぶりつき」で見ていることが多くなりました。あまりに距離が近いので「目を悪くするよ」と言ってどかすのですが、すぐにテレビの真正面に舞い戻って「かぶりつき」再開。一体何に引き付けられているのか不思議です。暖かいからかな?

で、その様子を撮った写真にセリフを付けてみると面白いかな?と思って記事にしてみました。つまらなかったら、ごめんなさい。

 

 何を掘っているんですか? お手伝いしますよ~。

f:id:mosura8mosura:20190216165857j:plain

 

やったー。 でかいレンコンが掘れましたね。

f:id:mosura8mosura:20190216165919j:plain

 

さて、誰に対しての言葉でしょうか?

f:id:mosura8mosura:20190216165150j:plain

 

・・・・ わかりません。

f:id:mosura8mosura:20190106112708j:plain

 

ああん?

f:id:mosura8mosura:20181231115723j:plain

 

う~ん。難しい問題ですニャ。
アタシは時事問題にも精通しているのです。こう見えて実は凄いネコちゃんですよ。

f:id:mosura8mosura:20190216165111j:plain

将棋はプロ並みの腕前だし。 どれどれ、丸山9段優勢ですにゃ。

f:id:mosura8mosura:20190216165211j:plain

 

そんなスーパーキャットでも睡眠は必要です。

f:id:mosura8mosura:20190216165231j:plain

 

わっ。ビックリした。ナニコレ!とか言うにゃよ。

f:id:mosura8mosura:20190216165248j:plain

 

池江しゃん 白血病 頑張って治してね

f:id:mosura8mosura:20190216165307j:plain

 

おわり。では、また~

 

厄除けといえば

  関東で厄除けといえば成田山や川崎大師が有名ですが、松本では牛伏寺(ごふくじ)が有名です。お寺の場所は「道が厳しくてお経を運んでいた牛が倒れた」といわれるほどの場所で、普段は寂しい場所ですが、1月に行われる厄除祈願祭は参道に多くの露店が並び、なかなかの賑わいになります。

今日は、今年の1月13日に義父母とお参りしてきた際の様子を記事にしました。

 

旧参道の急で長い石段の様子から「牛が倒れた」という寺名のいわれが納得できますね。

f:id:mosura8mosura:20190114171923j:plain

 

今の参道は山を巻いてゆっくり登っていくので、義父母のような高齢者でも余裕でお寺を目指すことが出来ます。 

f:id:mosura8mosura:20190120230349j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20190120230526j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20190120230510j:plain

 

倒れた牛を祀っている「牛堂」を眺めながら先へ進んで行きます。 

f:id:mosura8mosura:20190120182106j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20190120230546j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20190120230600j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20190120231000j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20190120230615j:plain

 

「なで牛」 撫でられすぎて鼻がピカピカ。

f:id:mosura8mosura:20190120182310j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20190120230631j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20190120230644j:plain

 

例年はカチンコチンに凍っている境内の池ですが、今年は噴水が出ていてシャーベット状の水面でした。今年は暖冬?

f:id:mosura8mosura:20190120230658j:plain

 

振り返って眺めると、結構上ってきたんだなぁという感慨にふけることができます。
(大げさ)

f:id:mosura8mosura:20190120230750j:plain

 

ところで、参道沿いには「だるま」や熊手などの縁起物を扱う露店も至る所に出ています。厄除祈願祭は、だるま市でもあるのです。あちこちで「これいくら?」「デカいだるまは✖✖円!」なんてやり取りを耳にします。

 f:id:mosura8mosura:20190120182334j:plain

ん? 松本だるま? 普通のだるま(高崎だるま)と何が違うのでしょうか。

 

並んでいるのは普通のだるま 

f:id:mosura8mosura:20190120182412j:plain

 

こっちは 松本だるま

f:id:mosura8mosura:20190120182426j:plain

 

違いが判りましたか? 「松本だるま」はゲジゲジ眉毛 と ほっぺのフェルト(髭)に特徴があります。これは松本地方で養蚕が盛んだったころの名残で、眉毛や髭は、蚕や蚕の繭をあらわしているそうです。

 

私も大小2つのだるまを買いました。松本だるまの胴体に書かれた「大當」(おおあたり)の一年になるといいな。 

f:id:mosura8mosura:20190120182456j:plain