読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソール・ライター展に行って来ました。

 渋谷の文化村ミュージアムで開催中のソール・ライター展に行って来ました。

 

ソール・ライターって誰?

アメリカの写真家(画家)ですが、これまでスポットライトがあたることは少ない方でした。ところが近年、彼のカラー写真の色彩感覚や何気ない日常の中の美を提示する作風が注目を浴びています。以下パンフからの引用です。

1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。写真界でソール・ライターが再び脚光を浴びるきっかけとなったのが、2006年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集だった。時に、ソール・ライター83歳。この新たな発見は大きなセンセーションを巻き起こし、その後、展覧会開催や出版が相次いだ。2012年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(日本公開は2015年)が公開され、その名前と作品はさらに多くの人々の知るところとなる。

 

撮り方が雑ですいません。

f:id:mosura8mosura:20170523231822j:plain

日本画にも似た雰囲気を感じませんか。

 

f:id:mosura8mosura:20170523232752j:plain

f:id:mosura8mosura:20170523232817j:plain

f:id:mosura8mosura:20170523232838j:plain

f:id:mosura8mosura:20170523232857j:plain