台湾へ行って来たので写真をUPするよ(士林夜市編)

 台湾旅行で楽しみにしていたことの一つは、夜市を見物しながら食べ歩きをすることでした。
現在、台北市周辺で開かれる夜市は12~13あるそうですが、その中で最も規模が大きくて観光客向けと言われている「士林夜市」へ今回は出かけてみました。

 

f:id:mosura8mosura:20181005034503j:plain

地下鉄の劍潭駅から地上に出ると、人の流れから夜市の場所はすぐに分かりました。

f:id:mosura8mosura:20181005032930j:plain

どこかの神社のお祭りとか縁日みたいな雰囲気です。

f:id:mosura8mosura:20181005033029j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20181005033012j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20181005033342j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20181005033330j:plain

 日本のお寿司などを出す屋台もありました。

f:id:mosura8mosura:20181005033359j:plain

 

f:id:mosura8mosura:20181005033049j:plain

現地のアイドル? YouTuber? カメラの前で元気よく踊っていました。f:id:mosura8mosura:20181005033105j:plain

 と、台湾のB級グルメ臭豆腐」を揚げているお店を発見。
臭豆腐とはその名のとおり、お父さんの足の臭い というか 納豆汁をとことん煮込んだ臭い というか 独特の臭いがするお豆腐です。
その臭いから敬遠する人も多いと聞きますが、今回の旅行では食べてみたかった食材の1つです。

f:id:mosura8mosura:20181005033638j:plain

脆皮臭豆腐(意訳:カラッとあげた臭豆腐)はほとんど臭いがせず、白菜の浅漬けとの相性もバッチリ。 おいしい。 確か1皿40元です。

f:id:mosura8mosura:20181005033706j:plain

路地をウロウロしていたらピンボールとか射的の露店を発見。たのしそう。

f:id:mosura8mosura:20181005033742j:plain

f:id:mosura8mosura:20181005033759j:plain

地下に降りてみました。

f:id:mosura8mosura:20181005033818j:plain

観光客なのか地元民なのか。すごい熱気で飯食ってます。

 

f:id:mosura8mosura:20181005033919j:plain

見たことのない果物(野菜?)も並んでいます。

f:id:mosura8mosura:20181005033904j:plain

豪快な陳列ですね。

f:id:mosura8mosura:20181005033848j:plain

ぐるぐる場内を回っているうちにこんな看板が。豪快を通り越してもう何だか分かりません。「えひとバイップルマヨネさえたフルーツ」って f:id:mosura8mosura:20181005034154j:plain

このお店、看板娘?がテレビに出た時の写真をやたらと壁に貼ってあるので、お店の名前は分かりませんが、有名店ではないかと思いました。
意味不明の日本語も気に入ったので、今夜の晩御飯はここに決定しました。

頼んだものはこちら

豚肉の煮込みを掛けたご飯(30元)
主に八角の香りがします。見た目はしょっぱそうですが塩気はちょうど良い感じ、むしろ薄味かもしれません。

f:id:mosura8mosura:20181005033950j:plain

とりそば (60元)
鶏の良いダシが効いていて、やさしい味です。

f:id:mosura8mosura:20181005034055j:plain

臭豆腐とアヒルの血を固めたモノの煮込み(60元)

漢方のスパイスの香りで臭豆腐とか他の食材の臭みが緩和されていて、味に深みがあっておいしい。アヒルの血を固めたモノは初めて食べたのですが、レバーのような見た目に反して全く臭みはなく、まるで、こんにゃくのような触感でした。

f:id:mosura8mosura:20181005034028j:plain

他にジュースを2杯頼んで、あれだけ食べても代金は約800円で済みました。

f:id:mosura8mosura:20181005034115j:plain

 

 

 再び地上に出てウロウロしていたら、現地で「インスタ映えする」と話題の飲み物を出しているお店を発見。

f:id:mosura8mosura:20181005033306j:plain

上手く出来ませんでしたが、容器を上下に振った後にできる黒糖が垂れた跡が「トラの毛皮の模様に似ている」のだそうです。東南アジアの人は虎好きが多いと聞きますから話題になっているのでしょうね。昼間に写真をとれば、もっとトラっぽく見えたのかも。

f:id:mosura8mosura:20181005033131j:plain

と こんな感じで台湾の夜は更けていくのでした。

 

まだまだ続くよ。